転売が悪いという人を完全論破しときます①

やはり転売屋はかなり嫌われているようです

 

たまたま2ちゃんねるのまとめブログを見ていたところ、

このような記事を見つけました。

 

アホ「転売すんな!欲しい人が買えないだろ!」俺「転売屋から買う人は欲しい人じゃないの?」

 

ちょっとだけでいいので、読んでもらうとわかるんですが、

転売をされている方が立てたスレのようで、

転売を嫌う人を牽制というか、非難するような内容です。

 

↓ このイラストもかなり悪意がある^^;

shopping_tenbai

やっている方からすると、転売は別に悪いことでも何でもないんですが、

だからと言って、それを嫌う人を否定するつもりもありません。

 

いろんな考え方があっていいですので。

 

だからと言って、転売屋◯ね!!とか言われると、

そこまで言われるほど悪いことはしてないよと思います。

 

上記で紹介したまとめサイトでも転売否定派の人は

かなりエキサイトしていますが、あくまでそれも考え方のひとつで、

実際に読んでみて、合理的な説明がされているかというと、

ほとんど、そうではありませんでした。

 

そこで、今回はこれについて、

感情的にはならず議論していきたいと思います。

 

 

チケット転売は別ものなので別途書きます

 

ただし、チケット転売については、別の話です。

 

チケット転売は違法性が高いということもありますが、

道徳的にもあまり褒められたものではありません。

 

どうしてかというと、コンサート、ライブ、演劇の類は、

その日、その場所でしか楽しめない内容、

つまり「ナマモノ」なんですね。

 

これは大量生産が可能な物販とはまるで性質が異なります。

 

 

例えば、あるバンドがツアーをやっているとします。

 

その中のある1公演は、他の公演でも似たような内容になるはずですが、

多少セットリスト(ライブの曲目)が異なったりします。

 

レアな曲をある会場だけで演奏するなんてこともあるので、

やはり、それはその日、その場所でしか味わえないんです。

 

なので、これを買い占めて転売するというのは、

個人的には悪質だと思います。

 

ticket_not_get_woman

僕はやったことはないし、今後やるつもりもありません。

 

 

というわけで、今回はチケット転売は除いた、

いわゆる物販における転売の是非についてQ&A形式で答えていきます。

 

 

 

転売屋のせいで定価で買えない!!

 

一番の理由はこれだと思います。

 

つまり、俺は定価で買いたいのに、

定価より高くなってるじゃねーか!!という不満です。

 

 

身も蓋もない言い方になりますが、

定価と言っても、メーカーが決めた参考価格でしかありません。

 

一部商品をのぞいては、小売店が定価でしか販売できない、

といった法律はありません。

 

売価というのは売る側が好きに決めていいわけで、

価格が気に入らなければ買わなければいいんです。

 

 

amazonなどは時価なので、買う人が少なければ、

売りさばくために、だんだん値下げされていきます。

 

買いたい値段になった時に買えばいいのです。

 

価格というのは需要と供給のバランスでできているため、

欲しい人が多ければ、価格は上がり、

欲しい人が少なくなれば、価格は下がります。

 

 

残念ながら、これに善悪は関係ありません。

良かろうが悪かろうが、資本主義というものはそういうものです。

 

 

だから転売屋が悪いというのはお門違いで、

自由経済がそういう性質であるというだけなんです。

 

国家が価格を統制すれば、それはほとんど共産主義、社会主義と同じです。

 

 

また、ネット通販での価格が高騰するという話なんでしょうが、

ネット通販の方が市場価格が安い商品は山ほどあります。

 

それは不人気商品というか、ネット通販に出品者が集まりすぎると、

ひとりひとりの出品者は売れにくくなるので、

価格の下落が加速されるというわけです。

 

これも、資本主義、自由経済のひとつの結果です。

 

ネットの方が安く買える恩恵もあるわけで、

これはそういう性質としかいいようがありません。

 

インターネットは便利ですが、犯罪にも使われるのと同じです。

 

インターネットやネット通販自体に善悪の概念があるのではなく、

気に入らないなら使わなければいいのです。

 

 

うがった見方かもしれませんが、まとめサイトに書き込んでいる人は、

おそらくアニメとかゲームの商品が、

手に入りにくいということで怒っているのでしょう。

 

そんなに欲しい商品であれば、発売前に予約しておけばいいのです。

 

 

生活必需品が店で手に入らず、

価格が高騰しているというなら話はわかります。

 

しかし、だいたい値段の高騰しているものなんて、

生活必需品ではなく、趣味、嗜好品ばかりです。

 

 

いや、命の次に大事な商品だ!!という人もいるでしょうけど、

それなら予約しておけばいいじゃんというわけです。

 

 

QRコードが小さい場合は画像をクリックしてください。