副業、起業をするのにどのくらいの勉強量が必要か?

副業や起業に必要な知識とは

 

会社からの給料以外から収入を得るということは、

自分で稼げる手段を身につけなければなりません。

 

これは副業であっても、いちおうは起業ということになります。

 

ですので、副業、起業には最低でも、

収入を得ることができるノウハウの勉強というものが必要になります。

 

例えば、自宅で小学生向けの作文教室を始めるとすると、

作文の指導スキルというものが最低でも必要です。

 

しかし、それはあくまで専門スキルということであって、

ビジネスのスキルとは異なります。

 

専門スキルというのは美容師でいう、

カットやパーマの技術のことです。

 

 

カリスマ美容師のように、いくら技術が高くても、

お客さんを一定数集め、リピートしてもらい、

従業員に給料を払って、黒字化させるというスキルは別物です。

 

biyoushi_woman_cut

 

起業に必要な勉強とは、まさにこのことで、

集客の方法と、その商品の売り方をしっかり学ばないことには、

どんなに良い商品があったとしても、売ることができません。

 

大きくまとめるならば、集客方法、商品設計、販売技法、

この3つをしっかりと理解しなければなりません。

 

 

起業に必要な勉強時間と勉強方法

 

僕はある起業家の先生に師事することができ、

起業スキルを一から百まで叩き込んでいただくことができました。

 

具体的には先生のセミナー映像を見たり、

その音声を何度も何度も繰り返し聞いたりして、

先生の思考を自分の中にインストールする感じです。

 

特にサラリーマンのうちは、雇われ精神というか、

ビジネスマインドが育っていないため、

起業家の思考をインプットするというのはかなり重要です。

 

そのために、何度も音声を聞くのです。

 

walkman

このような動画視聴や、音声学習も含めて、

トータルすると少なくとも100時間は勉強したのではないかと思います。

 

100時間ってかなり長いように感じますが、

同じ内容の動画を何度も見直したりしている時間も含めてなので、

意外と短いんですよ。

 

大学や専門学校に行ったと思えば100時間くらい、

大したことではありません。

 

 

ちなみになんですが、僕の先生である加藤将太さんが

定価10万円だった起業についてのセミナー動画を、

なんと無料で公開しました!!

 

こちらの画像をクリックしてください 

 ↓  ↓  ↓

seminar_pic_sozai_bnr_300_250_01

 

加藤さんは30歳過ぎの若い起業家ですが、

なんと年商5億ほどの会社のオーナーです。

 

東京、大阪、2日間のセミナー映像です。

サラリーマンでもできる起業方法や、マインド面について、

詳しく語っています。

 

また、このセミナー動画の音声ファイルをダウンロードすることも可能で、

通勤、通学中に何度も聞くと復習しやすいですし、

5億円企業のオーナーである加藤さんの思考が自然と身に入ります。

 

いつ有料に戻るかわからないので、今のうちにぜひ見ておいてください。

 

 

正しい知識を学び実践する

 

先程、カリスマ美容師の話をしたように、

美容師のスキルを磨くことと、美容室経営を成功させることは、

直接的には関係ありません。

 

人通りの悪いところに美容室を建てたり、

チラシ1枚も巻くことができないなら、

誰にも知られることなく、お客さんが来店しません。

 

 

チラシを巻くくらいなら、業者を使えば誰でもできますが、

チラシにどのような内容を書くとターゲット層が反応するのかとか、

どのような地域に、どのくらい巻けばいいのか、

ということ等は、ビジネスを学ばない限りわからないはずです。

 

 

お客さんに喜んでもらえるような美容の技術があるように、

きちんとお客さんに来客していただき、適正な価格でもって満足してもらい、

リピートしてもらえるというビジネススキルも存在します。

 

 

正しい知識を学び、きちんと実践すれば必ず成功します。

 

 

何しろ僕自身がそれを実現しています。

 

 

勉強に対する時間や投資は惜しむことなく、かけた方がいいです。

 

 

QRコードが小さい場合は画像をクリックしてください。