【読者様のご質問】オリジナル商品をネット通販に出品するには?

オリジナル商品はネット販売で出品できるか?    

 

今日もまたブログ読者様からのご質問にお答えいたします!

 

読者様からのご質問はこちら↓

ネット販売で自分が作ったオリジナルグラスなど販売してみようと思っています。

口に触れる物なので特別な申請など必要になってくるのでしょうか?

 

 

もともとリアル店舗で物販をやっている方であれば、

ぜひネット販売という販路にも出品してみるべきです。

 

何せ、まったくコストをかけずとも出品ができますので。

 

 

今回はまず、簡潔にお答えした上で、

もう少し詳しく掘り下げたいと思います。

 

 

まず、口に触れる物としての特別な申請は必要か?

という質問についてですが、amazonに関していえば

 

必要ありません。

 

口に触れるという意味において、

食品の場合はジャンルとして許可を得ないと出品ができませんが、

食器などは「ホーム&キッチン」というカテゴリーになりまして、

このジャンルの出品には、特別な申請の必要はありません。

 

 

 

amazon、楽天、ヤフオク、メルカリ、どこに出品する?

 

次に出品を考える場合に、どの販売媒体で出品するかです。

 

それぞれの特徴をまとめてみました。

※ 赤字はデメリット

 

amazon

 

小口出品であれば、無料で出品が可能。

 

検索で上位に表示されやすい。

 

大口出品であれば、無料で出品が可能

 

今まで誰も出品していない商品を出品するには、

大口出品(月額4900円 税抜き)でなければならない。

 

商品ジャンルによっては、許可申請が下りないと出品できない。

 

 

楽天

 

自分のお店独自のページを持つことができる。

 

出店料が高い。(月額数万円)

 

自分のお店専用ページを作らなければならない。

 

ヤフオク

 

あらゆる商品を取り扱うことができる。

 

トラブルは基本的に各自で解決しなければならない

 

 

メルカリ

 

あらゆる商品を取り扱うことができる。

 

出品が無料で、出品登録自体が非常に簡単。

 

客層が他媒体と大きく異なる。(若年層の女性が多い)

 

出品日が古い出品は検索で下位に表示されていく。

 

 

 

各販売媒体で上記のような特徴があります。

 

出店料が数万円という時点で楽天はまずありえません。

 

基本的にはamazonを推すのですが、

オリジナル商品となるとメルカリが良いです。

 

というのも、amazonでは今まで販売されたことのない商品を出品する場合、

大口出品者(月額料金が必要)でなければなりません。

 

月額料4900円+消費税である、5292円以上の利益が見込めるのであれば、

amazonもいいかと思います。

 

 

メルカリの場合、月額料金が必要ないということと、

利用者層が若い女性が中心であるため、雑貨やアクセサリー、

洋服などでも売りやすいという特徴があります。

 

質問者の方のように、ガラス製品などもってこいですね!

 

ただし、最近出品された物ほど、

検索上位に表示されるという仕組みになっているため、

時間がたつと自分の出品データが下へ下へと追いやられます。

 

そうした場合、一旦、出品を終了し、

再出品して若返らせなければなりません。

 

そういった、細かな作業の必要があります。

 

 

とはいえ、上に述べたように、

メルカリではノーリスクで出品できるので、

テスト的に出品してみて、何個も売れるようであれば、

amazonに展開していくというのが理想的です。

 

 

QRコードが小さい場合は画像をクリックしてください。